派遣業界について

意外に知っている様で知らない「派遣業界」。ここでは、勘違いされやすい派遣業界の本当を詳しく解説します。

派遣業界について??「派遣」に関する一般的イメージの勘違い

「派遣」と聞くと、派遣会社に登録し、紹介された企業で働き、契約期間が終了したら仕事がなくなって
収入も途絶える……というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。
また、派遣社員=事務職と思っている方も少なくないでしょう。

実は派遣には、そういった一般的なイメージと異なる働き方があります。
ここでは、わたしたち夢テクノロジーの派遣事業の特徴である「常用雇用型派遣」という事業スタイルについて、一般的にイメージされる「登録型派遣」との違いを通してご紹介していきたいと思います。

また、労働者を守るための法律であり、わたしたちが遵守している「労働者派遣法」についても合わせてご説明します。

派遣業界の勘違い(1)『派遣社員=事務職?』

image

派遣社員というと事務職をイメージする人が多いですが、それ以外にもさまざまな職種があります。エンジニアもその一つです。
派遣社員として働いているエンジニアは多く、また企業からの需要も非常に高いのです。
このようにエンジニアを企業に派遣する事業を「エンジニア派遣(技術者派遣)」といい、わたしたち夢テクノロジーも、サービスの中核の1つとしてエンジニア派遣を行っています。

なお、夢テクノロジーでは、未経験の方、技術や知識がない方でもできるお仕事も数多くご用意していますので、文系卒の方にも安心して就業して頂くことができます。経験を積むことで、さらにその先の業務につけるチャンスもあります。
加えて、現在は事務職を中心としたオフィススタッフ派遣にも力を注いでいますので、事務職を希望される方にも活躍の場がございます。

派遣業界の勘違い(2)『派遣社員=不安定?』

かつて世界経済が大不況に襲われた時期、日本でもその影響で多くの企業が事業縮小を余儀なくされました。
その結果、「有期労働契約」によって就業していた「登録型派遣」の契約が更新されないという、いわゆる「雇い止め」が多発しました。
このことで「派遣社員はいつクビにされるかわからない」=「派遣社員は不安定」というイメージが強く残りました。
実は派遣事業には、この「有期労働契約」による「登録型派遣」だけでなく、正社員として「無期労働契約」(期間の定めのない労働契約)によって雇用する「常用雇用型派遣」があります。
派遣会社と派遣先の契約の期間だけ雇用される「登録型派遣」と違い、「常用雇用型派遣」では派遣されるスタッフと派遣会社の間で、お仕事の有無にかかわらず、予め雇用契約が締結されます。
事務系派遣を主としている派遣会社の多くは「登録型派遣」ですが、エンジニア派遣の業界では「常用雇用型派遣」の形態が多く、夢テクノロジーも「常用雇用型派遣」として、基本的に正社員雇用をしています。

image

そのため、派遣先での就業が終了しても、夢テクノロジーとの雇用契約は継続されます。また、年次有給休暇や社会保険なども保障されています。
このように、「派遣社員」というキーワードからイメージされるような不安定な就業形態とは異なり、安心して働いていただくことができます。
また、もしも派遣先企業でリストラが行われても職を失うことはなく、夢テクノロジーの社員として次の派遣先でお仕事を続けて頂くことができます。

CORPORATE SITE

  • 応募フォーム
  • リクナビ2018
  • マイナビ2018
ページの先頭へ