はたらくということ

社会人の第一歩を踏み出すとき、誰でも多くの不安や疑問を持つはずです。ここでは「はたらく」ということを夢テクノロジーの視点で解説いたします。

派遣というはたらき方について

エンジニア派遣/オフィススタッフ派遣というはたらき方について、
就職活動中の皆さんが感じられる疑問や不安の中から、代表的なものをピックアップしてお応えします。
このページで取り上げていなくても、「よくある質問」のコーナーで回答を掲載しているものもありますので、そちらも合わせてご覧ください。

派遣先の契約期間が終わったらどうなりますか?仕事がなくなってしまうのでしょうか?

プロジェクトの終了までに次の配属先が決まるように、営業陣がしっかりとバックアップする体制があります。高い稼働率をキープしておりますので、次のプロジェクトに入るまでの期間が長期化することは少ないです。
また、プロジェクトに参加していない期間も一定の収入が保証されます。その間に一層のスキルアップに励むこともできます。

image

プロジェクトが終了する場合、契約上、最低1ケ月前にお客様より終了の告知があります。
それを受けて、当社の頼もしい営業陣が次の配属先を探しますので、多くのエンジニアが、終了翌月に新しいプロジェクトに参加したり、比較的短い期間で次のプロジェクトに参加しています。高効率の配属を実現しています。

また、当社では正規雇用を原則としていますので、プロジェクトに参加していない期間も収入が途絶える心配はありません。
給与が出ながらもまとまった時間を持てる空いた期間を「チャンス!」と捉え、スキルアップに励む先輩もたくさんいます。また、中にはリフレッシュ期間としてうまく利用される方もいらっしゃいます。

派遣社員としてお客様企業で働くということは、転職せずに様々なプロジェクト、業界、職種を経験できるということですか?

確かにそういうメリットもあります。お客様のニーズや社員の希望、目標、知識・経験といった適性を考慮し、派遣先を決定していきます。
予め、必要な知識などを学習によって身につけて頂くことで、その道が開ける可能性は十分に高まります。

image

プロジェクトの内容によって、長短はありますが、多くのプロジェクトはいつか終了、もしくは交替を迎えます。
その後について、まったく異なるプロジェクトや業界、あるいは職種につけるチャンスもありますが、多くの場合、それまでのプロジェクト経験が評価され、その経験を何らかの形で活かしたプロジェクトに配属されることが多いです。
全く異なるプロジェクト・業界・職種に、意図的にキャリアチェンジをしたい場合は、予めそれらの就きたいプロジェクト・業界・職種につながる技術や知識・資格を取得するなど、十分な努力をして頂ければ、そのチャンスも巡ってきやすくなりますし、そのチャンスを掴むことも不可能ではありません。
キャリアチェンジを図りたいのであれば、担当営業や上司とよく相談し、計画的にスキルを身につける努力をして頂くことをお勧めします。

「派遣は不安定」と聞いたことがあるのですが大丈夫ですか?

「派遣」には、「登録型」と、「常用雇用型」があり、メディアが煽る「派遣=不安定」という情報の多くは、いわゆる非正規雇用に当たる「登録型」の派遣を指しています。

派遣事業には、大きく分けて「登録型派遣」と、「常用雇用型派遣」があります。
私たち、夢テクノロジーはこの内、「常用雇用型」の派遣事業を行っています。

「登録型派遣」の場合、まず労働者(派遣社員)と派遣会社との間は「登録」がされますが、これは「雇用」ではありません。
お仕事を紹介する候補として名簿に載るだけで、契約は交わされておらず、従ってこの時点では給与は発生しません。
その後、派遣会社からお仕事の紹介があり、顧客企業への派遣が決まったら初めて「雇用」が発生します。この「雇用」はあくまでも顧客企業と派遣会社との派遣契約期間だけ有効なものであり、派遣契約が終了すると同時に、派遣会社と労働者の「雇用」も終了します。
この雇用形態では、顧客企業が必要ないと判断した場合、(派遣契約の範囲内で)いつでも契約を終了できますので、これがいわゆる「派遣切り」のイメージとも結びついて、「不安定だ」という表現に繋がっています。

image

一方、私たちが基本としている「常用雇用型派遣」では、労働者と派遣会社との間では最初に「雇用契約」を交わします。雇用契約(有期雇用契約も含む)を結んで雇用されるものなので、一般の直接雇用と同様となります。
よって顧客企業への派遣契約の有無にかかわらず雇用契約は維持されますので、賃金や社会保険、年次有給休暇など、継続雇用に伴う権利も一般の直接雇用(正規雇用)と同様に保障されます。

CORPORATE SITE

  • 応募フォーム
  • リクナビ2019
  • マイナビ2019
ページの先頭へ